消火設備工事におけるスプリンクラーの設置基準を解説!

こんにちは!
東京都練馬区に事務所を置き、消火設備工事を手掛けている株式会社ISKです。
東京都渋谷区や東京都杉並区をはじめとした一都三県の施工に対応しております。
「都市圏の人びとの暮らしの安全を守る」をモットーに、日々業務に尽力しております。
ただいま弊社では、現場スタッフを積極的に採用中です。
経験者・未経験者ともに大歓迎です!
「スプリンクラーの設置基準とは?」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、消火設備工事のスプリンクラー設置基準についてご紹介します!
施工において大切なことですので、ぜひ最後までご覧ください。

スプリンクラーの設置基準

人差し指を差す作業員
消防法における消防法施行令第12条によって、スプリンクラーの設置基準が定められています。
基準は、建物の構造や用途、利用者の性質に合わせて、逃げ遅れることが出ないように考慮されています。
スプリンクラーの設置基準となる条件は、主に建物の階数や用途、建物の延べ面積です。

階層ごとの違い

その中でもとくに気をつけなければならないのは、階層ごとの違いです。
高層階といわれる11階以上では、利用者の避難までに時間がかかってしまいます。
そのため、全ての階にスプリンクラーの設置が必要です。
続いて4階から10階までの中層階では、建物の用途によってスプリンクラーの設置義務が変動します。
10階までであればはしご車による救助が可能な点が、高層階との違いです。
1階から3階までは、自力で逃げることが比較的容易なので、特定の用途の建物を除いてスプリンクラーの設置義務が緩和されています。
また、地下階と窓がない階は煙が充満してしまいやすいため、床面積が1000平米以上であればスプリンクラーの設置が必要です。

サポート体制が整っている職場

WORK木製
株式会社ISKでは、配管工や消防設備士の仕事に携わるスタッフを求人募集中です。
未経験の方も異業種からの転職者も大歓迎です!
各種サポートが充実しているため、初心者の方も働きやすい環境が整っています。
一生ものの技術を身につけたい方は、採用情報ページより求人にご応募ください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただきありがとうございました。

杉並・渋谷・練馬区などの消火設備工事・点検・配管工事は株式会社ISK
ただいま消火設備工事・管工事・配管工スタッフ求人募集中です!
〒178-0064 東京都練馬区南大泉5-18-19
電話:03-5935-8108 FAX:03-5935-8109

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

消火設備の基礎知識!防火水槽と消火栓ってどう違う?

消火設備の基礎知識!防火水槽と消火栓って…

こんにちは! 株式会社ISKです。 弊社では、東京都練馬区を拠点に、西東京市や杉並区など一都三県にて …

消火設備ってそもそもどんなもの?

消火設備ってそもそもどんなもの?

こんにちは! 株式会社ISKです。 弊社では、東京都練馬区を拠点に、西東京市や杉並区など一都三県にて …

【謹賀新年】本年もどうぞよろしくお願いいたします!

【謹賀新年】本年もどうぞよろしくお願いい…

こんにちは! 東京都練馬区に拠点を置き、杉並区、渋谷区をはじめとした東京都を中心に一都三県で消火設備 …