消火設備に必要不可欠な資格をわかりやすく解説!

こんにちは!株式会社ISKです。
東京都練馬区や杉並区に拠点を携えた弊社は、朝霞市や新座市などの埼玉県でも消火設備工事を行っています。
今回は、消火設備工事を行う上で必要不可欠な資格である消防設備士の種類について詳しく紹介していきます。
消防設備士の資格は数多く存在しますので、「何を取ればいいのかわからない」と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

消防設備士乙種と甲種の違い

ヘルメット
消防設備士の資格には、乙種と甲種の2つのパターンがあります。
乙種は消火設備の点検・整備を行うことができ、甲種にはそこに工事が加わります。
端的に言えば、乙種は工事ができない資格、甲種は工事ができる資格ということです。

類ってなに?

消防設備士の資格は乙種と甲種に分けたところからさらに細かく8種類に分けることができます。
種類の違いは、どの消火設備を扱えるのかということです。
以下、8種類の資格がそれぞれ扱える設備の紹介です。

1類

水を用いて消火する設備
(例)屋内消火栓設備、スプリンクラー設備

2類

泡で消火する設備
(例)パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備

3類

ガスや粉末を用いて消火する設備
(例)不活性ガス消火設備、粉末消火設備

4類

火災報知器設備
(例)自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備

5類

高所からの避難などに使用する避難器具
(例)金属製避難はしご、救助袋

6類

消火器
なお消火器には工事という概念がないため、甲種はなく乙種のみ存在する

7類

漏電火災報知器
漏電火災報知器の工事には電気工事士の免許が必要になるので、こちらも乙種のみ存在する

特類

特殊消防用設備
特殊消防用設備とは、たとえば自動火災報知器に火災温度上昇速度を監視する機能を付加したものなど、従来型ではない特殊設備のこと
こちらは専門性が高いことからスペシャリストとなるための甲種のみ存在

資格の呼び方

消防設備士の資格に種と類が存在するのはご理解いただけたでしょうか。
なので、消防設備士(甲種4類)と記載してある場合は、火災報知器設備の点検・整備・工事を行える資格ということです。
消防設備士の資格は少しややこしい印象を受けるかもしれませんが、取得すれば必ず役に立つ資格ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

求人募集!株式会社ISKで働いてみませんか?

JOB
株式会社ISKでは、一緒に働いてくれる新しい仲間を募集しています。
「働きながら資格取得を目指したい」という方のため、弊社では資格取得支援制度も整えております。
また、福利厚生も完備しておりますので、安心して働いていただけますよ。
年齢・経験は問いません、やる気のある方は弊社の求人にご応募くださいませ。
たくさんのご応募心よりお待ちしております。
最後までご覧いただきありがとうございました。

杉並・渋谷・練馬区などの消火設備工事・点検・配管工事は株式会社ISK
ただいま消火設備工事・管工事・配管工スタッフ求人募集中です!
〒178-0064 東京都練馬区南大泉5-18-19
電話:03-5935-8108 FAX:03-5935-8109

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

【求人募集】未経験から設備工のプロへと成長!

【求人募集】未経験から設備工のプロへと成…

求職中の方が、新しい職場に求めることの一つに「充実した教育体制」が挙げられるのではないでしょうか。 …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社ISKでは、新たにホームページを開設しました。 これまで以上に施主さまにご満足いただける施工 …

都市圏の人びとの暮らしの安全を守ります!スタッフ募集中!

都市圏の人びとの暮らしの安全を守ります!…

こんにちは! 株式会社ISKです。 弊社では、東京都練馬区に拠点を構え、一都三県における各種消火設備 …