消火設備のための資格を徹底解説!消防設備士の甲乙って?

こんにちは!株式会社ISKです。
弊社は東京都練馬区や杉並区を拠点に、新座市や朝霞市などの一都三県で消火設備工事を行っています。
今回は、消火設備工事に携わるには必要不可欠ともいえる資格「消防設備士」について紹介していきます!
実は消防設備士には甲種と乙種があることをご存じですか?
甲種と乙種にはいったいどんな違いがあるのか、詳しく解説していきますのでぜひ最後までご覧ください。

できることが違う

赤い配管
甲種の消防設備士は扱える設備によって六つの区分に分けられています。
たとえば甲種1類だと屋内消火栓やスプリンクラー設備、甲種3類だと不活性ガス消火設備などの工事・整備・点検が主に行えることです。
一方、乙種の消防設備士は扱える設備によって七つの区分に分けられています。
しかし、甲種とは違い消火設備の整備・点検のみが行える資格で、工事を行うことはできません。

受験資格が違う

同じ消防設備士ですが、乙種には受験資格がありません!
そのため、学歴や経験を問わず誰でも受験することができるので、未経験の方でも取得することが出来ます。
しかし、甲種にはいくつかの受験資格があります。
受験資格の条件には電気工事士や建築士などの資格を持っているかどうかや、乙種獲得後に二年以上の実務経験があるかどうか……などです。
資格取得に時間がかかる甲種ではありますが、その分獲得すれば自分の業務の幅が広がり、キャリアアップも目指せますよ。

試験の問題数も違う!?

実は甲種と乙種では、筆記試験の問題数も変わってきます。
甲種は合計45問となっていますが、乙種は30問です。
また甲種には実技試験の製図が加わるため、甲種の資格取得を考えている方は乙種より長く勉強時間を確保した方が良いでしょう。
甲種より乙種が比較的簡単に取得でそうと言っても、問題の難易度としてはやさいいものではないので油断せず試験対策を行うことをおすすめします。

求人!未来の消防設備士求む!

New job
株式会社ISKは、現在新規現場スタッフを募集しています。
未経験の方でも問題ありません。
有資格の先輩スタッフが一から丁寧に技術と知識を伝えます。
また資格取得支援制度にも力を入れておりますので、働きながら資格取得を目指したい方も歓迎です。
たくさんの方らか、求人へのご応募を心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

杉並・渋谷・練馬区などの消火設備工事・点検・配管工事は株式会社ISK
ただいま消火設備工事・管工事・配管工スタッフ求人募集中です!
〒178-0064 東京都練馬区南大泉5-18-19
電話:03-5935-8108 FAX:03-5935-8109

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

【求人募集】各種消火設備の施工に携わってくださる現場スタッフを募集

【求人募集】各種消火設備の施工に携わって…

こんにちは、株式会社ISKです! 弊社は東京都練馬区を中心に一都三県で自動火災報知機やスプリンクラー …

都市圏の人びとの暮らしの安全を守ります!スタッフ募集中!

都市圏の人びとの暮らしの安全を守ります!…

こんにちは! 株式会社ISKです。 弊社では、東京都練馬区に拠点を構え、一都三県における各種消火設備 …

消火設備工事に欠かせない消防設備士という資格を知ろう!

消火設備工事に欠かせない消防設備士という…

こんにちは! 株式会社ISKです。 弊社では、東京都練馬区を拠点に、西東京市や杉並区など一都三県にて …