これでマスター!消火設備工事とは?

こんにちは!株式会社ISKです。
東京都練馬区や杉並区を拠点に、朝霞市や新座市などの埼玉県でも消火設備工事を行っている会社です。
今回は初心者の方に向けて、消火設備工事ではいったいどんなことを行っているのかを詳しく説明してきます。
求職者の方必見の内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

火災から人々を守るスペシャリスト

消火器
消火設備工事で行うのは、消火設備の点検・設置・監理です。
たとえば建物で火災が起きてしまったとき、設置してある火災報知器が正常に作動しなければ設置している意味がありません。
火災報知器などの消火設備は、多くの人を守るために必要な設備であるため、消防法でもどのような建物にも消火設備を設置するよう義務付けられています。
そのため、今後も需要が高い状態である仕事の一つです。
また火災などの万が一の際に、正常に作動させ多く人の命を守ることことにつながる大切な仕事なのです。

消火設備の点検

点検する消火設備は、火災報知器や排煙設備、避難誘導灯、消火器、消火栓、スプリンクラーなど……数多く存在しますが、点検方法は大きく分けて二つあります。
まず紹介するのが、「機器点検」と呼ばれる方法です。
機器点検は、外観を目視あるいは簡単に操作をすることで設備に異常がないかどうかを確認します。
消火器は機器点検が行われる消火設備の代表的な例で、期限切れがないか?圧力は正常であるか?内容物が漏れ出してないか?などの項目をチェックします。
二つ目が「総合点検」です。
総合点検では、実際に消火設備を作動させることで故障がないかを確認します。
たとえて説明すると、避難はしごの場合は実際にはしごを降下させてスムーズに設置できるか?さびがないか?外観で判断できない機能などを確認していくのです。
機器点検は一年に二回、総合点検は一年に一回行います。

消火設備の設置

消火設備の設置場所にはいくつものルールがあります。
各階ごとに設置、通行、非難に支障がなく、使用する時に簡単に持ち出せる場所に設置、床面から高さ1.5m以下の箇所に設置するなどのルールがあります。
これらは設置ルールほんの一部で、他にもたくさん細く定められているのです。
消火設備工事では、設備の点検中と合わせて設備の修理や部品交換、故障設備撤去に加え、これらのルールを遵守しているかまで確認しますよ。
そのため、消火設備士には点検項目や設置ルールなど多くの知識が必要になってくるのです。

株式会社ISKで消火設備工事に挑戦しませんか?

ジャンプする人
株式会社ISKでは、現在一緒に働いてくれる新しい仲間を募集しています。
ベテランの先輩がマンツーマンで指導するため、未経験から資格取得を目指したい方におすすめの求人です。
資格取得支援制度も整っているため、入社後に消防設備士の資格取得を目指せますよ。
年齢・経験は問いませんので、目標に向かってまっすぐに頑張れる方を待っています。
ぜひ弊社の求人にご応募くださいませ。
たくさんのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

杉並・渋谷・練馬区などの消火設備工事・点検・配管工事は株式会社ISK
ただいま消火設備工事・管工事・配管工スタッフ求人募集中です!
〒178-0064 東京都練馬区南大泉5-18-19
電話:03-5935-8108 FAX:03-5935-8109

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

消火設備工事に役立つ資格はコレ!

消火設備工事に役立つ資格はコレ!

こんにちは! 株式会社ISKです。 弊社では、東京都練馬区を拠点に、西東京市や杉並区など一都三県にて …

【求人中】消防設備士の仕事内容&やりがいとは?

【求人中】消防設備士の仕事内容&やりがい…

東京都練馬区の『株式会社ISK』では、消防設備士として活躍してくださる方を求人募集中です! 「消防設 …

【謹賀新年】本年もどうぞよろしくお願いいたします!

【謹賀新年】本年もどうぞよろしくお願いい…

こんにちは! 東京都練馬区に拠点を置き、杉並区、渋谷区をはじめとした東京都を中心に一都三県で消火設備 …